男性の“ぽっこりお腹解消ダイエット”、おすすめの食事とは?

手っ取り早いダイエットをしてお腹をへこませようとする方が一番重要視するのは食事でしょう。

食べ方や食べる物、食べる量に気遣ってダイエットを行うことでしょう。

ここではそんな人向けに軽いアドバイスをしたいと思います。

◆太らない食事法がある

サラダ

最近巷で流行のダイエット方法の一つとして挙げられるのが食事法ダイエットです。

言い方は人それぞれですが、要は食べる時間帯、食べる順番によって太る、太らないに大きく影響するというのです。

まずは簡単に概要を説明したいと思います。

人の体というのは体内のブドウ糖(炭水化物など)が枯渇していくと次に脂肪を燃やすというメカニズムになっています。

この原理を使い痩せるという結果にたどり着くのです。

そのため夜食べると太るというのは、寝る前に食べる量が多かったらその分摂取したものを燃焼しきれず太ってしまうという傾向にあります。

理想は、寝る前にブドウ糖を使い切り、寝ている間に脂肪を燃やしてしまえば「ダイエット成功」という構図が作れるのです。

またブドウ糖の主成分である炭水化物を多く摂取するというのは、実際太るというよりは痩せる原因をなくすことに直結しているので(ブドウ糖が体内からなくならないため)、痩せたいというのであれば炭水化物摂取量を控えることです。

◆血糖値の上昇を抑える食べる順番

さらにこのブドウ糖を枯渇させるのに役立つのが食べる順番です。

最初に野菜を食べ、次に主菜を食べ、最後に炭水化物を食べるという方法です。

これは血糖値の上昇を抑えることを意識したダイエット方法です。

食事による血糖値の上昇は肥満に直接結びつくことはとある研究で明らかとなり、このような食べ方が取り上げられるようになったのです。

あるテレビ番組がきっかけで一躍脚光を浴びたダイエット方法です。

しかし、この食べ方おいしいですかね?

さらに食事を作った人は、この食べ方を見ていいものだとは思わないのではないでしょうか。

例えば奥さんから「お腹周りの肉どうにかしなさいよ」とか「最近お腹出てきたんじゃない」なんて言われてダイエットを促されたとしても、一生懸命ご飯を作ってくれた奥さんの前でこの食べ方をすることは、私はいかがなものかと思ってしまうのです。

ダイエットするのはいいのですが、効果と周りの空気を天秤にかけ周りに流されないよう努力してください。

◆意志が強い人はそういない

食べ方などについて上記で簡単に挙げましたがついついやってしまう「ドカ食い」。

これを減らさなければ元も子もありません。

食べ方を気にしてちまちまやってストレスが溜まってしまうので、ドカ食いをしてしまったら今までの努力は水の泡です。

まずは「ドカ食い回数を減らす」ということを頭に入れてダイエットするのが一番なのではないでしょうか。

ある程度お腹周りのお肉が減ってきたらちょっと面白くなって、さらに効果が現れないか模索するものです。

最初から難しいことをせずに、できることがらやっていきましょう。

意志が強い人はそういないので、無理をしたとしても結局ダイエット断念することになったという人ばかりです。

そうならないように簡単なことから始めるのがベストです!