ぽっこりお腹を凹ませて引き締める!男性のお腹ダイエットにおすすめの筋トレ法とは?

ダイエットと聞いて真っ先に思い浮かぶのは何でしょう。

ジョギングやウォーキングなどの時間をかけて行う有酸素運動を挙げる人が多いのではないでしょうか。

しかしお腹を引き締めるというダイエットは腹筋などの無酸素運動の方が即効性はあります。

ここでは筋トレをしてお腹をへこませる方法を紹介したいと思います。

おなかをへこませるために

◆筋トレと聞いて思い浮かべるもの

筋トレと聞いたら10人に9人は腹筋や腕立て伏せを思い浮かべるのではないでしょうか。

特にお腹周りのダイエットと言ったら代表的なものは腹筋です。

腹筋を続けていれば、確実にお腹の筋肉を引き締めすっとしたボディーを手に入れられます。

ところが問題なのは、腹筋は長続きさせるのが難しいのです。

効果が出るのがじわりじわりと言った感じなので、そうなる前に匙を投げてしまう人が多いのです。

一度筋トレをしてダイエットに効果が現れないと実感してしまったら、再び筋トレしようと思う気を根こそぎ駆られてしまい、違う方法を模索してしまうことになってしまうのです。

◆ダイエットをダイエットとしてとらえない

ダイエットを続けられない理由は、効果がすぐに現れないという意見が圧倒的に多いでしょう。

筋トレをし始めていきなり効果が現れるというのは難しく、逆に空腹を感じてしまうのでいつも以上に食べてしまうというケースが多いです。

「今日は頑張ったから」と言って多めに食べてしまう人もいます。

その発想自体は間違ったことではないと思います。

ところが体重計を見た時に、あるいは自分のお腹周りの肉を見た時に、気持ちが折れてしまうのです。

ここで保険というわけではありませんが、おすすめしたいことがあります。

それは成長を実感できるようにするのです。

序盤はダイエットのことを考えずにやっていることの伸びを確認してみてください。

私がおすすめなのは50m走をやってみることです。

◆ダッシュは筋トレに組み込まれるのか

ダッシュをするというのを筋トレと捉える人は少ないかもしれませんが、どちらも無酸素運動で筋力が鍛えられます。

さらにダッシュを繰り返していくと腹筋にも効果があるのです。

ダッシュをして昨日より今日の方がタイムが良かった、昨日は5本しかダッシュできなかったが今日は6本できたなど、ダイエットは一時忘れ、その競技に没頭してみてください。

今度は「やせるため」ではなく「速くなるため」という目的に変わることになります。

そこでお腹周りの肉を見てみてください。

「あれっ?」という感じで肉がなくなっているなんて言うこともあります。

競技に没頭できていつの間にか痩せている。

最高のダイエット方法だと思いませんか?

別にダッシュに限ったことではありませんが、無酸素運動を行なった場合、筋トレと同じ効果が期待でき、その競技で昨日の自分を超えるという目標を立てると、面白いダイエットが続けられるかもしれません。